ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2015年10月07日 07:56
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 「ワールドカップ史上最大の衝撃」と称された勝利から半月以上。にわかに沸いたラグビーブームは冷めるどころか熱を上げたまま、12日を迎えることになる。月曜日だが祝日だ。早朝4時からの日米戦に見入る人は多かろう▼珍しい苗字に独特のポーズ。ゴールを狙う五郎丸選手のまねをする人が増えている。子どもだけではない。大人もだ▼日本代表は猛練習を積んだと聞く。選手には自信があった。首脳陣の戦略もはまった。五郎丸は南アフリカ戦後、「奇跡の勝利」といわれることを拒んだ。「必然です。ラグビーに奇跡なんてないです」▼スコットランドに思わぬ差をつけられて敗れ、そのうっぷんを晴らすかのようなサモア戦の大勝があった。これだけでも十分ドラマチックだが、グループリーグはあと1試合残っている▼スコットランド戦の後、小さな記事がある新聞に載った。26年前に日本代表を率い、親善試合ながらスコットランドを破った故・宿沢広朗の記事だ。大手銀行で伝説的なディーラーとしても名をはせていた宿沢は、勝利の後に平然と言ってのけたという。「ね、勝てるって言ったでしょ」▼自力で決勝トーナメントに進む可能性はない。しかし、ワールドカップへのトライ・アット・ゴールは成し遂げた。快挙と言っていい。

2015-10-07 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
米国が中共に宣戦布告
日本初 東京で「黒い傘運動」
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません