ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2015年10月07日 07:56
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 「ワールドカップ史上最大の衝撃」と称された勝利から半月以上。にわかに沸いたラグビーブームは冷めるどころか熱を上げたまま、12日を迎えることになる。月曜日だが祝日だ。早朝4時からの日米戦に見入る人は多かろう▼珍しい苗字に独特のポーズ。ゴールを狙う五郎丸選手のまねをする人が増えている。子どもだけではない。大人もだ▼日本代表は猛練習を積んだと聞く。選手には自信があった。首脳陣の戦略もはまった。五郎丸は南アフリカ戦後、「奇跡の勝利」といわれることを拒んだ。「必然です。ラグビーに奇跡なんてないです」▼スコットランドに思わぬ差をつけられて敗れ、そのうっぷんを晴らすかのようなサモア戦の大勝があった。これだけでも十分ドラマチックだが、グループリーグはあと1試合残っている▼スコットランド戦の後、小さな記事がある新聞に載った。26年前に日本代表を率い、親善試合ながらスコットランドを破った故・宿沢広朗の記事だ。大手銀行で伝説的なディーラーとしても名をはせていた宿沢は、勝利の後に平然と言ってのけたという。「ね、勝てるって言ったでしょ」▼自力で決勝トーナメントに進む可能性はない。しかし、ワールドカップへのトライ・アット・ゴールは成し遂げた。快挙と言っていい。

2015-10-07 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません