ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2015年09月16日 19:10
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 世の変遷の激しさを言い表す熟語に「滄海桑田」がある。「桑田滄海」も同じだ。桑畑が青々とした海原に、また海原が桑畑にということである▼先週の後半に東日本を襲った大雨は、各地で川を氾濫させた。濁流が家や木々を押し流し、多くの人が命を落とした。昨日まで見えていた風景が、一瞬にして変わっていくのを目の当たりにしたとき、人はどのような感情を抱くのか。恐怖心だけではないだろう。ただ、それは経験した者にしかわかるまい▼ここ十年ほどで、日本の気象は大きく変わったように思える。大雨を経験した直後だから、過去の水害を忘れて一人早合点しているのか。そうでもなかろう▼「ゲリラ豪雨」が流行語大賞に選ばれたのは08年。それまでの「夕立」、「通り雨」とは比較にならないレベルの局地的豪雨が増えたからだ▼今回発令された「特別警報」は「数十年に一度しかないような非常に危険な状況」にのみ使われる。この警報ができたのは、わずか2年前だが、発令はこれで5回目だった▼そろそろ水は引いているだろう。茶色の”海”が消えた後に姿を現すのは、青く茂った桑畑ではない。泥に覆われた自宅や、毎日乗っていた自動車だ。被害者の気持ちはいかばかりか。安全な場所にいた身としては、おもんぱかるしかできない。

2015-09-16 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません