ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-28 11:54:57
Untitled Document
ホーム > 連載 > 在日の従北との闘争史
2014年09月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
在日の従北との闘争史~民団結成から韓国戦争勃発まで~⑫
日本共産党派と北支持派の忠誠ゴッコ

 1949年9月8日、日本当局は「団体等規制令」により、在日同胞関連4団体に解散を命じた。暴力団体として解散対象になった4団体は、「在日本朝鮮人連盟」(朝連)、「在日本朝鮮民主青年同盟」(民青)、「民団宮城県本部」、「建青塩釜本部」だった。同時に、解散対象団体の幹部36人が公職を追放された。追放者のうち「朝連」幹部は28人で、「朝連」中央の金天海や尹槿、韓徳銖などが含まれた。
日本当局は解散を命じた「朝連」などの財産や文書なども没収した。
また、日本当局は翌月の10月19日には「朝鮮人学校閉鎖令」を下し、翌年の8月と9月には、「朝連」系新聞の「解放新聞」と「建設通信」をそれぞれ廃刊させた。
「朝連」下関支部の捜索
解散当時の「朝連」は、東京の中央総本部をはじめとし、全国都道府県に地方本部を置き、支部は632支部、分会は1705分会を持っていたとされる。
朝連が暴力団体として規制されたのは当然、ソ連・平壌・日共との関係のためだった。金日成を讃えるため書かれた北の長編小説『太陽讃歌』には、スターリンの操り人形として権力の前面に登場したばかりの金日成に忠誠を尽くした当時の韓徳銖などの姿が描かれている。
当時の状況を知る民団元老は「『朝連』は日本共産党や北支持の人たちで忠誠ゴッコをやっていた。『民団』とは殺し合いになったりする状況だった」と回顧する。
「山口県警察史」などを見れば、日本当局は、解散命令の理由としては、「朝連」がGHQの命令に反して北の国旗を掲揚した「評定河原事件」(1949年10月11日、12日)などのほか、「首相官邸デモ」(1946年12月20日)、「神戸朝鮮人学校事件」(1948年4月23日)、「京都警察官暴行事件」(1949年6月15日)、「福島県平市警占拠事件」(1949年6月30日)、「下関騒擾事件」(1949年8月20日)などの不法行為を挙げている。
解散命令の契機になった「下関騒擾事件」の背景を見ても、そこには、韓国政府の在外国民登録令施行を阻止しようとした「朝連」の暴力的挑発があった。「朝連」は「民団」抹殺を闘争方針に掲げていた。
それが小野田市内で の独立記念行事(8月15日)での「民団」と「朝連」の衝突(小野田事件)に発展する。
そして同年8月20日午前2時頃、下関市内の「民団」側の集落に「朝連」メンバーら200人が竹やりやこん棒を持って襲撃し、「民団」団員十数人に傷害を与え、家屋19戸を破壊して金品も略奪する「下関騒擾事件」が起きた。当時日本の警察は1000人を動員して、被疑者200人を検挙した。
当時を知る地元の民団関係者は「弟が『朝連』の奴らに腕を切られて、半殺しの目に遭った。相手とは絶対に相容れない」と振り返る。
山口県下では当時、「民団」団員1500人に対して、「朝連」盟員は2万2000人だったともされる。「朝連」は、下関市の県本部と23支部、157分会(1万9398人)、「民青」は県本部のほか22支部、4分会(106人)があったという。「朝連」側が数的にも圧倒的優勢で両者の対立が日増しに増える中で、民団の被害は大きかった。山口県の「朝連」「民青」事務所閉鎖と財産没収は9月8日午前11時に始まり、同夜半には主な措置は終わった。同月13日には最下部組織まで完了した。

2014-09-03 4面
뉴스스크랩하기
在日の従北との闘争史セクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
ブログの読者各位 『新・浦安残日録』(号外)
新・浦安残日録(3) 晩節の〝選択〟
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」
「在日米軍が標的」
遺体は誰か 死因は何か
暗殺で北の外交関係揺らぐ


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません