ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-23 07:56:17
Untitled Document
ホーム > 教養
2011年12月06日 11:08
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
なぜ韓国人の文章力が日本人より劣るのか?
漢字を使わないため語彙力が足りないからだ。
趙甲済
在日同胞として韓国語本を日本語にたくさん翻訳したK氏は、「韓国人の文章力があまりにも低い」と嘆いた。教授や小説家など職業的文筆家たちも文法の違った文を平気で書き、辞書にもない単語を使うという。彼は「この原因は韓国人たちが漢字を使わなくなったことと関連があるようだ」と言った。
「日本では良い文のサンプルとして新聞記事や論説文を挙げる場合が多いが、韓国の新聞記事はどうなのか知りません。やはり記者たちが文章の訓練をたくさん受けるほうですね。韓国語辞典は非常に厚く英語辞典を凌駕するほどですが、これは全単語の70%である漢字語のおかげですね。漢字が分からないとこの70%の単語を使わなくなるか使っても正確に使用できなくなります。国家は語彙力ほど発展すると言われるのに、これよりも大きな悲劇があるでしょうか? 解放後文盲退治の次元でハングル専用を行なったのは理解します。文盲が解決されたのにハングル専用を続けば韓国は一流国家になれません。日本人の平均的英語実力は韓国人より劣るはずです。それでも韓国より豊かに暮らす理由は母国語の実力が勝るためだと思います。」
K氏は、日本の出版編集者たちが日本語を育てる番人の役割をしていると言った。文章にならない文を直し単語が正確に使われているのかをいちいち確認するという。日本の編集者たちは辞典にない言葉を使わないようにするという。
www.chogabje.com 2011-12-06 00:14
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
教養セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません