ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2011年06月01日 10:10
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
もっと日本を大切に思う心を=編集余話 瞻星台

 先日、近所の日本人から「お国に帰るのですか」と尋ねられた。なんと答えていいのか分からず、無言のまま笑ってしまった▼もっとも、原発事故による放射能汚染のためか、近年日本に住みついている外国人が、我先にと日本から脱出したのは事実だ。特に外資系企業で働く社員などは、一時関西方面やソウルなどに緊急避難するくらいだった。やむをえない部分はあるだろう▼しかし、第2次世界大戦から日本に住み着いた在日韓国人にしてみれば、大地震や放射能汚染があるからといって、すぐに逃げられるところはどこにもない。日本で生まれ育った私たちは、家族や親族もおれば、日常的に働く場所もここ日本にあるのだ。国籍が違うからといって、日本を離れられないのが現状だ。そしてこれからも、地震国である日本で生きていかねばならないのが私たちだ▼隣近所の日本人の、親切さのあまりの言葉だろうが、まだまだ在日韓国人に対する認識がこの程度なのかと、寂しさを感じたのは事実だ。地域住民として日ごろの付き合いは十二分にやってきたつもりだったが、改めて足りなかったのかと感じもした▼在日韓国人が一般の日本の方から理解を得るためには、民団などが進める「地方参政権運動」のように権利獲得のための活動も必要かもしれないが、日本社会全体に貢献すべき奉仕活動や生活に密着した活動の方が重要だ。日本こそが私たちの生活基盤であり、子どもや孫たちの将来を託す国だからだ。もっと心から日本を大事に思う心が必要だ。だから、何があっても逃げることなどない。

2011-06-01 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
突如持ち出された「行政首都移転」
【映画】『鬼手』(韓国)
ヨンジョンの毎日眞味(第50回) 簡...
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません