ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-09-28 11:45:26
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2011年04月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
無謬性の誤謬=編集余話 瞻星台

 福島第一原発事故以来、東電や政府関係者から何度も聞かされた「想定外」という言葉。しかし「想定外の地震」「想定外の津波」は、すべて事前に指摘されていたことが後に判明している。ただその指摘を受けても見直しをせず、黙殺してきただけのことだった。東電は炉心溶融、電源喪失や実際に起きた水素爆発への対応を「考慮する必要がない」とし、「過酷事故」対策に盛り込まなかった
▼危険を軽く見ていたのか。否、自身たちが広めた「安全神話」に酔い、「原発は安全だ」と思考が麻痺したのではないか。事故なんて起きるわけがない。だからこそ放射性物質の防御服の準備もしていなかった。する必要がなかった。“無謬性の誤謬"に陥ったといっていい
▼大学の専門家はいつの間にか、東電からの研究費支援からか、すべてを「安全」とした。東電から広告費を受け取っていたマスコミは「安全でない」と評する人を外した。役人は、原子力関連の天下りポストがあるため何も言えない。東電は政党にも献金を行っていた。誰ひとり「原発は安全」でないという声とけん制するところがなくなってしまった
▼自然の前に人間の想定なんかは、たかが知れている。人間の傲慢さと非力さを嫌というほど見せつけられた今回の事故。とはいえ「想定外」だけでは済まされない。原発事故はまだ収束していない。今後表れる人的被害と経済的被害を最小化させるには、早急に最大のリスクから対応に着手し、住民の避難と真実の情報発信をしなければなるまい。まずは無謬性の誤謬を認めることだ。

2011-04-27 1面
뉴스스크랩하기
記事: 統一日報  
この記者の他のニュースを見る
オピニオンセクション一覧へ
旧統一教会と朝総連 寄稿・三浦小太郎...
大阪韓国領事館が移転
ソウルを東京に擬える 第13回 郷土料理
本国投資協会がワークショップ
試験台に立たされた尹錫悦外交
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません