ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2011年03月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
自利から利他へ=編集余話 瞻星台

 まさに天が裂け、地が割れる天変地異である。いかなる言葉をもってしても、この惨状を形容することはできない。ただただ被害に遭われた方々の冥福を祈り、生ある人たちは希望を失わずに立ち上がってくれることを願うばかりだ
▼世界各国は、日本の秩序立った避難生活や黙々と耐えている姿に賞賛を送っている。強奪もなく共に助け合う姿を見て、その悲惨から各国で募金や支援活動が続々と起きている。だが日本のテレビやマスコミからの報道は、「大丈夫だ。安心できるレベルだ。ただちに影響はない」という画一的な発表が繰り返されている。これが逆に疑心暗鬼をよんでいる。天災と事故報道は違わねばならない。被災者は自然の猛威の前に放心しながらも助け合い、忍耐強く我慢している。東京も計画停電のなか被災者とともにいる
▼奈良時代、民衆に仏教を布教した行基の教えの「利他」つまり人に尽くす精神を発揮している。韓国からの救助隊105人も「希望を捨てずにこの困難を乗り越えてほしい」と励まし、被災地で行方不明者の捜索活動にあたっている。「言葉にできないほどの苦痛を受けている方々のため少しでも力になりたい」と105人は「利他」の精神で共にがんばっている
▼冷静に対処している住民や国民をもう少し信じていいのではないか? 「自利」から「利他」へ人々の意識は変わり始めている。いま「大変」なことに日本は遭っている。復興後は文字どおり大きく変わるだろう。阪神淡路大震災を経験した関西の人々が変わったように日本もそして世界も。

2011-03-24 1面
뉴스스크랩하기
記事: 統一日報  
この記者の他のニュースを見る
オピニオンセクション一覧へ
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
突如持ち出された「行政首都移転」
【映画】『鬼手』(韓国)
ヨンジョンの毎日眞味(第50回) 簡...
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません