ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-07-17 12:52:19
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2011年01月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
辛卯年の出発に寄せて=編集余話 瞻星台

 2011年辛卯しんぼう年は厳しい寒さで始まった。辛卯は日本流の干支呼称では「かのと・う」と読む。「辛」は「新」で、草木が枯れて新たな世代が生まれようとする状態を表し、「卯」は「茂る」の意味で、草木が地面をおおう状態を表しているそうだ
▼科学万能の時代に何を前時代的なことを言っているのかとお叱りを受けるかも知れないが、陰陽五行思想が登場して以来、時代を遡れば、当時は最先端の価値判断として、祭政を左右したことは歴史が教えるところである。辛卯年の史実を拾ってみよう
▼檀君朝鮮の始祖王倹の父檀雄が辛卯年に生まれたと桓檀古記要義は記す。391年の辛卯年に倭が韓半島を攻めたと高句麗広開土王碑に記されているというが、日本軍部が関与した改ざん説もあるので、参考程度にしておく。その年に広開土王が即位したという説もある。駕洛国吹希王が451年の辛卯年に崩じたと三国遺事は伝える。54年の治世の新羅真平王が631年の辛卯年に薨じた。697年の辛卯年に新羅使金弼徳らが来日した。751年の辛卯年に仏国寺の創建がはじまった
▼長くなったが、391年の辛卯年に倭が韓半島を攻めたという件に関しては、日本側研究者は攻めたことを論証しようとし、韓国側はそれに反論する傾向にある。日本側研究者の中には、幻の巨大な大和朝廷を虚構して、それを根拠にする砂上の楼閣論もまま見受けられる。金正日集団の「強盛大国」主張とどこか似ているように感じてしまう。そのような流れは、辛卯の意味に沿うよう生まれ変わって新しく出直してもらいたいものだ。

2011-01-13 1面
뉴스스크랩하기
記事: 統一日報  
この記者の他のニュースを見る
オピニオンセクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第16回
ソウルを東京に擬える 第31回 居酒...
金永會の万葉集イヤギ 第17回
韓商新会長に柳和明氏
金永會の万葉集イヤギ 第18回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません