ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 教養
2011年01月10日 17:34
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
イスラエルの秘密核開発を支援したのはフランス
フランスの国家指導部は、第2次大戦中反ナチ抵抗運動、つまりレジスタンスに加担した人々が多かった。彼らは、ナチの大虐殺を乗越えて建国したユダヤ人とイスラエルに同情的だった。
趙甲済
195610月末、フランスの首相と国防長官、イスラエルの首相(ベンクリオン)と国防長官(モーゼ・ダヤン)が、パリ近郊で秘密裏に会った。二国の国家指導部はスエズ運河を占拠したエジプトのナセル政権に対して3(英国、フランス、イスラエル)が共同作戦を行うことに合意した。イスラエルがエジプトを先に攻撃し、英国とフランスが介入できる名分を提供することにしたのだ。
 
この会談で、また別の歴史的な合意がなされた。フランスがイスラエルのネゲブ砂漠のディモナ(*右写真)に原始炉を建ててやりウラニウムを供給することにしたのだ。ディモナは、イスラエルが核武器を開発する基地になった。イスラエルの核武装を可能にしたこの合意は、イスラエルが英国とフランスに協力した代価だった。
 
英・仏とイスラエルのエジプト攻撃は、米国とソ連が共同で介入したため戦闘では勝ってものの外交では負ける結果になった。イスラエルは、核武装したソ連が脅かしてきたことに対して核兵器を持たなかったイスラエルがなす術も無くやられたのを忘れなかった。
 
どこの国でも核兵器の開発は国家指導部の長期間の計画と意志が後押しされなければ不可能だ。イスラエルは1948年建国直後から核開発を推進する。建国の父であるベンクリオンが直接この事業を指導した。30歳に国防部の局長に任命されたシモン・ペレス(現大統領)が核開発を実務的に主導した。
 
イスラエルは当初から核開発への支援が期待できる国はフランスだけだと考えた。米国、ソ連、英国はイスラエルへの武器販売を禁止した状態だった。建国直後、武器を売ってくれたチェコは、ナセルが政権を握って親ソ政策を取るや、イスラエルの宿敵のエジプトに武器を売り始めた。
 
フランスの国家指導部は、第2次大戦中反ナチ抵抗運動、つまりレジスタンスに加担した人々が多かった。彼らは、ナチの大虐殺を乗越えて建国したユダヤ人とイスラエルに同情的だった。しかも、フランスも核武器開発に着手した状態だった。イスラエルは、フランスの核施設へ技術者を派遣した。数十人のイスラエル科学者がフランス人と一緒に核開発、特に核爆弾の設計と実験に参加した。
 
1960213日、フランス領のアルジェリアのサハラ砂漠でフランス初の地下核実験が行われた。TNT換算65000tの爆発力を見せた。大成功だった。核専門家たちはこの日の核実験で両国、つまりフランスだけでなくイスラエルも事実上の核武装国になったと言う。フランスの核技術をイスラエルが共有するようになったという意味だ。イスラエルが核実験なしに核爆弾を作ったのは1966年と推定される。
 
www.chogabje.com 2011-01-08 16:57
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
教養セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
民団中央が金正恩書簡に対する談話文を発表
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません