ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-25 08:04:52
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2010年01月25日 11:36
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(52) 金鶴泳

 洋子が祥一の引越し先のアパートの部屋を見に、西荻窪にやってきた日は、前日まで空を覆っていた雲が消え、からりと晴れ上がっていた。
 どうやら、梅雨は明けたようだ。空にまぶしく光っている太陽は、すでに夏のそれだった。ところどころに高層雲の塊が浮いている空は、すでに夏の空の青さを帯びていた。
 祥一は、午後一時ちょうどに、駅の傍にある喫茶店「L」に行った。入口のすぐ近くに、薄く紫色がかった半袖のブラウスと、深いベージュ色のスカートを身につけた洋子が坐っていた。
 洋子は、律儀なほどに約束の時間を守る女である。約束の時間の、少なくとも五分前には指定の場所に着いている。
 教養学部のとき、ある同胞の女子学生がいた。同胞学生のサークルである「トラジ会」のメンバーで、仏文科進学志望の文科の学生だった。
 トラジ会は、教養学部に在籍している、イデオロギーを抜きにした同胞学生の親睦のためのサークルで、メンバーは総勢二十人たらず、そのうち常時集まりに顔を出していたのは七、八人ぐらいのものだったが、祥一も、その女子学生も、常連組に属していた。
 当初、彼は、彼女の利発そうな風貌に惹かれ、彼女にちょっと関心をおぼえたものだが、ある日、つぎのトラジ会の会合場所を打ち合せるために、構内の喫茶店で二人だけで会う用事があった。
 祥一は、約束の時間の十分ほど前に喫茶店に行った。彼女は二十分ばかり遅れて姿を現わした。


 その点は、祥一は、別に意に介しなかった。何かの都合で約束の時間に遅れることはよくあるものだ。だが、彼が、お互いの気分をほぐすといったほどの意味で、ごく軽い気持で、
「遅かったじゃないですか。三十分も待ちましたよ」
 といったとき、彼女はすました顔で、こう応えた。
「わたしは、約束の時間にくることはないの。早くて、約束の時間の五分すぎね。今日はちょっと遅れてしまったけれど」
 彼は、彼女の言葉に高慢さを感じた。少しでも相手を待たせては悪い、という意識がまったく欠けている。彼は、彼女に微かに反発をおぼえた。彼女に対する関心が、にわかに色褪(あ)せて行った。
 あの女子学生が五分後の女だとすれば、洋子は、いわば、五分前の女である。この五分の違いの意味はかぎりなく大きい、といつだったか彼は考えたことがある。
 祥一が「L」の入口を入って行くと、アイスコーヒーを前に坐っていた洋子は、膝の上のハンドバッグを脇に置いて立ち上がった。そしてさわやかな微笑を浮かべながら頭を下げ、挨拶した。親密な関係になっているはずなのに、まだ洋子は、ときどきそのようにあらたまった調子で挨拶することがある。
 仕事の癖が、つい出てしまうのだろうか。それとも、いまのは、ひさしぶりに顔を合せた懐かしさをこめてのものだろうか。
「やあ、しばらく」
 と、祥一は洋子の向かいの席に腰を下ろした。
「ほんとうに」
 相変わらず微笑を湛(たた)え、洋子はしげしげと祥一の顔を見つめた。
「お元気?」
「元気だよ」
「お引越し、たいへんだったでしょう」
「たいへんというほどでもなかったよ」

1984年8月31日4面掲載

1984-08-31 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
ブログ記事
‘朴正煕生誕100年’に残したい話
大韓民国はロウソク政権の挑戦に応戦せよ!
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません