ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-23 07:56:17
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2009年12月14日 10:56
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(50) 金鶴泳

 深沢正恵は、怪訝(けげん)そうな表情をすぐに消した。
「何か、書くものをお持ちですか」
 そういってまたハンカチを額にあてた。
「散歩の途中なもんですから、何もありません」
「じゃあ、わたしの手帳に書いてあげましょう」
 深沢正恵は、買物籠の中に小さな手帳を用意していた。それをとり出し、洋子の住んでいる保谷のアパートの住所、それから電話番号も書いたが、
「このアパートの大家さん、電話の取りつぎを嫌がるらしいのよ。ですから、電話をかける場合は片桐さんの勤め先の方がいいと思うの」
 と深沢正恵は、洋子の勤務先の電話番号も書き添え、紙片をちぎって祥一に渡した。
「N化粧品は、本社は渋谷ですけど、サービスルームというのが池袋にあって、片桐さんはそちらの方で仕事をしているんです。この番号は、サービスルームの方の電話番号です」
 深沢正恵はそう教えてくれた。
「どうもありがとう」


 祥一は紙片に見入りながら礼をいった。
「同級生で東京に出ている人は少ないものですから、お電話でもしてあげれば、片桐さんもきっと懐かしがると思うわ」
 そして、二人は別れた。
 こうして、郷里の町での深沢正恵との偶然の出会いによって、彼は洋子の東京での住所を知ったのだが、
「正恵さんに冷やかされちゃった」
 と、後に洋子はいったものである。
「森本さんが、あんなに気軽に声をかけてくる人だとは思わなかった、東京に出ると、こんなにも人が変わるものかしらと思った、そういっていたわ。それに、あなたがわたしの住所をたずねたでしょう。正恵さんも、ずいぶん意外に思ったらしいわよ。森本さんはあなたに気があるんじゃないかしら、なんていわれちゃった」
 と洋子は含み笑いした。
 自分は、あのとき、洋子に気があって、それで深沢正恵に住所をたずねたのだろうか、と祥一はその日のことを思い返したが、彼にもそのときの自分の気持がよくわからなかった。気になる人だということは、その人に気があるということになるのだろうか。
 洋子に含み笑いを返しながらも、彼は黙っていた。そして、心の中で、あの日自分が人が変わったように、たまたま出合った深沢正恵に気軽に声をかけたのは、夏のせいだ、あの日のあの蒸せるような暑さのせいだ、などと考えていた。
 しかし、暑さのせいであるにせよ、そのおかげでとにかく彼は、洋子の住所を知ることができた。気になる人の所在を知り得た。所在を知り得ただけで、彼は満足すべきところのはずだった。だが、彼は、次第に、その満足の中でとどまっていられない自分を見出すようになっていた。
 すでにほとんど分離されていたはずの、鬼胡桃(おにぐるみ)と洋子とが、ふたたび結びつきはじめた。鬼胡桃を握っていても、洋子を連想することはまずなくなっていたのに、それほどに鬼胡桃を握るという所作は彼の中で習慣化されてしまっていたのに、ふたたび鬼胡桃の音とともに洋子が甦(よみがえ)り出した。
〈鬼胡桃の女が、保谷にいる〉
 彼はしばしば心につぶやいた。

1984年8月29日4面掲載

1984-08-29 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません