ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-11-22 12:59:03
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2009年08月05日 19:43
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ポール・ケネディ教授の忠告
韓国は世界最高の外交力を確保しなければならない。
 
「強大国の興亡」という本で有名な米国のエール大学のポール・ケネディ教授は、数日前の中央日報とのインタビューで、このように忠告した。
 
「韓国が直面した挑戦は二つだ。一番目の挑戦は、北にある『狂った政権(crazy regime)』だ。他国では見られない、ただ韓国だけが抱いている問題だ。二番目の挑戦は、4大強国が中堅国である韓国を包囲しているという点だ。韓国が成遂げた成功は、この二つの側面を考慮する時、一層驚異的だ。だから、韓国国民は自負心を持たねばならない。一方、この二つの挑戦のため韓国は特に外交を重視しなければならない。韓国は世界最高の外交力を確保しなければならない。韓・中関係も重要だということを、アメリカに説得しなければならない。韓国の議会政治は非常に悪い(lousy)かも知れないが、経済や外交は印象的だ。韓国は強みと弱みを含めて色々な特性が混合的に現れる国だ。だから、世界の地政学的空間で浮上しようとする韓国は、自らを他の国々と比較しないのが良いかも知れない。役に立たないこともあり得るからだ。韓国はあまりにも独特な国だ。無理に他国と比較する必要はない。」
 
韓国は外交を特に重要視すべきだという忠告が印象的だ。この部分において、李明博大統領は良い点数を受けねばならない。李氏姓を持ったもう一人の大統領(*李承晩)の外交術を学んで欲しい。
 
www.chogabje.com 2009-08-05 17:21
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第15回 政治の舞台
北韓の過酷な生活を伝える
民団とともに在日社会の発展を
観客を魅了する魂の踊り
【社説】大韓民国は北韓解放のためにも...
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません