ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-11-30 12:33:46
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2009年07月23日 16:24
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
扇動専門のKBS・MBC・SBSの既得権体制を維持させたメディア法
善悪の区分ができない人々が作った法が、扇動放送を正せると期待するのは無理だろう。扇動放送の問題は、国民が大いに怒って解決するしかない。執権層の卑怯さは国家を危機に陥れる。
趙甲済
今日の韓国を病気にさせるKBS-MBC-SBSの寡占体制の扇動放送の構造は、1980年全斗煥政権が悪名高い言論統廃合を通じて作ったものだ。中央日報が経営したテレビ放送、東亜日報のラジオ放送、地方のMBCを強制的にKBSとソウルMBCに統合させたのは、放送を操縦して世論を操作しようとする意図から出発した。全斗煥政権はKBSとMBCに既得権を保障するため、新聞は地上波放送に進出できないという色々な特典を与えた。
 
こういう既得権構造の中に安住してKBSとMBCは、公営を裏切り偏向を選択した。1990年代から韓国社会を風靡した左傾意識が(放送社の)構成員らを支配するようになった。1998年に登場した左派政権10年は、放送を政権維持の手段として利用し、KBSとMBCは「ユネスコ世界文化遺産(悪の遺産)」として残すほどの操作と扇動を繰り返し、大韓民国勢力には敵対的に、民族反逆者の金正日体制には好意的に対した。言論の正道から完全に離脱して扇動放送の道を歩みながら、自分たちを公営放送だと偽装した。
 
こういうKBSとMBCが存在する限り、韓国社会は精神的に破壊され、自由統一と一流国家の建設は遠ざかる。こういう問題意識から李明博政府が推進したメディア法改正案が昨日国会を通過した。が、その内容はぼろぼろになった。ハンナラ党が左傾政党とMBCの顔色を窺い、党内では朴槿恵勢力が反発したため、新聞社と企業の地上波放送への参加を極度に制限し、結局今の扇動放送の既得権を保障する結果になってしまった。メディア法改正の最も重要な目標が崩れた。
 
それでも左傾勢力と扇動放送らが反発しているのは、李明博政府が公益のためやることは無条件反対して世論を悪化させ、2012年に左傾勢力が再執権する道を開くという意図だろう。
 
国会で7月22日通過した改正「メディア法」の最終案には、ハンナラ党が発議した原案にはなかった多様な放送進入への障壁が新たに追加されたと今日の朝鮮日報が分析した。
 
「メジャー新聞が放送に進出すれば世論市場を寡占する」という民主党や既存放送会社らの反発を意識して、新聞の放送進入を規制するための措置だ。現在全体放送市場の売り上げの80%以上を占める地上波3社が強大な世論支配力を行使している状況を勘案すれば、むしろ「地上波中心の放送寡占構造を解消する」という立法趣旨とは逆の結果になったという指摘もあるという。
 
まず、改正メディアは、購読率20%を超える新聞は、最初から地上波放送持分の所有や経営をできないようにした。新聞放送進入許可段階から制限する「事前進入規制」だ。購読率の上限線は、7月21ハンナラ公開した修正案では25%だったが、朴槿恵元代表が「もっとくしろ」と言って、一夜で5%ポイントを下げたという。新聞放送進入をその分さらにしくしたのだ。「放送進出」新聞社は、発行部数や有価紙の部数公開するようにした。新聞社経営情報の公開放送進出前提条件としたのだ。 2012年末までは新聞地上波経営禁止された。
 
新聞放送進出以後も、該当放送会社の「視聴占有率(視聴者総視聴時間中、特定放送視聴した時間比率)」を把握して規制えるなど「事後規制」しく導入された。視聴占有率30%を超える場合、放送通信委員会放送会社の所有および広告時間の制限などを命令できるようにしたのだ。放送委命令履行しないと、許可の取しまで可能なため、放送事業を続けるためには無理にでも視聴占有率を30%以下に保たねばならないという不思議な制度ができる。
 
30%設定した視聴占有率の上限計算する放送持分所有した新聞社購読率合算するようにした。ハンナラ党の指導部が「新聞+放送」市場占有率の合算30%を超える場合、該当新聞放送進入禁止するという朴元代表提案一部変形して受容れた結果だ。ハンナラは、当初、購読率視聴占有率に換算する時、10%以上に反映しないようにしたが、これもまた朴元代表難色を示して換算基準および反映比率今後大統領令で定めることにしたと朝鮮日報えた。法の公布から1年後適用されるこの制度は、ドイツなどではすでに放送進出したメディア企業のタコ足式の追加放送進出制限するため運用されている制度だ専門家たちは言っている。新聞放送新規進入段階である韓国現実らし過度規制だと指摘する。
 
朴槿恵元代表の影響力きい「正修奨学会」は、MBC株式30%保有している。彼女は利害当事者だ。そのような利害当事者が、ハンナラのメディア反対票を投ずると言ってからMBC有利貫徹させた。大韓民国の守護勢力が「精神的毒劇物」と看做すMBC扇動放送する(朴槿恵議員の)問題意識じられない。
 
韓国内に、MBCより共同体にもっと危険組織が他にあるのか? 如何なる企業や新聞も、MBCよりは良識がある。ところが、「メディア法」は、企業新聞放送参加するのは有害だという前提いて制限える。善悪の区分ができない人々ったが、扇動放送正せると期待するのは無理だろう扇動放送の問題は、国民が大いにって解決するしかない。執権層卑怯さ国家危機れる。
 
www.chogabje.com 2009-07-23 11:11
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第16回 ...
北韓の過酷な生活を伝える
民団とともに在日社会の発展を
朝鮮学校も罠に利用する道具
観客を魅了する魂の踊り
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません