ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-11-30 12:33:46
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2009年06月22日 19:57
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「政府の任務は良い人の肩を持つこと!」
決断の男、トルーマン大統領が李明博大統領に残した文。
趙甲済
「私は人間の中にはそれでも悪よりは善がもっと多いという信念で大統領職を遂行した。善が悪を抑えられるように助けることが政府がやるべきことだ。」
 
決断の男、ヘリ・トルーマン米大統領が言った言葉だ。韓国にはそれでも悪い人々よりは良い人々がもっと多い。李明博大統領は、あまり目立たないが、明らかに存在するこの良い人々を信じなければならない。政府は、黙黙と自分のやるべき事をやっている良い人々を助け、馬鹿騒ぎや愚連隊のことばかりをやる悪い人々を抑えられるようにしなければならない。政府がそのような仕事をするよう、国民は税金を納めて、大統領以下公務員たちを養っている。
 
今、李大統領は、悪い人々のごり押しにもっと耳を傾け、良い人々を無視する。だから、力が付かないのだ。
 
www.chogabje.com 2009-06-22 12:26
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第16回 ...
北韓の過酷な生活を伝える
民団とともに在日社会の発展を
朝鮮学校も罠に利用する道具
観客を魅了する魂の踊り
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません