【BOOK】『くやしさをバネに』(チョン・ファシン著)

日付: 2022年06月21日 12時37分

 1924年に全羅南道の珍島で生まれた鄭花心(チョン・ファシン)さんは、15歳で「日本へ行って勉強したい」と決意した。器量よしで、農作業や料理、裁縫でも何でも人並み以上にこなすと評判の鄭さんに縁談は降るようにあったが、結婚相手は日本に連れて行ってくれる人と決めていた。家族の幸せのため、そして自分の人生を生きるため、現状打破は必至だった。
「一度決めたらがんとして動かない」鄭さんは紆余曲折を経て渡日する。しかし劣悪な生活環境の下、日本語もわからない状況でスタートした日々は過酷の一言に尽きる。鄭さんは機転が利き、働き者で気持ちの強い女性だが、時に悩み、涙しながら途方に暮れる姿に共感する読者も多いことだろう。
本書は、鄭さんが自身の生涯について語った内容をベースにして創作を加えた作品だ。だからなのか、目の前に鄭さんがいて、まっすぐこちらを見据えながら「あきらめないで」と伝えているかのようだ。苦労は人それぞれだが、それがその人のバネになることは間違いない。熱く力強いエネルギーにぜひ触れてほしい。
書肆侃侃房刊
定価=1430円(税込)


閉じる