来月18日に修能 防疫管理下で実施

日付: 2021年10月27日 00時00分

 韓国では、2022年度大学修学能力試験(修能・日本の大学入学共通テストにあたる)が11月18日に予定されており、試験に向けての本格的な準備が始まった。
今年の試験は全国86の試験地区1300カ所の試験場で実施される。教育部の発表によれば、受験生は昨年より1万6387人増加の50万9821人だ。
昨年に引き続きコロナ下での実施となる。自宅隔離者や感染確定者は、一般受験生とは別の試験場や病院・治療センターで試験を受けることができる。
修能試験2週間前の11月4日からは特別防疫期間とし、320あまりの学習塾を対象とした特別防疫点検、スタディカフェやゲーム・カラオケ・映画館など受験生が出入りしそうな施設の防疫管理を実施する。


閉じる