韓国でコロナ第4波 

新規感染者の8割は首都圏
日付: 2021年07月14日 00時00分

新型コロナウイルスの感染状況が韓国で急激に悪化している。7月初旬まで平均700人台をキープしていた1日あたりの新規陽性者数は急増に転じ、7日には1275人に達した。これはコロナ禍突入後の1日当たりの感染者数で最多となった。
第4波といわれる今回の感染拡大は首都圏(ソウル・京畿・仁川)を中心に若者世代の感染者が大きく増えた点が特徴だ。人口960万人のソウルに限っては、1日あたり約500人の新規感染者を記録している。
問題は、感染力の強いデルタ株の拡大に加え、ワクチン未接種である20~30代の感染が増えているため、更なる感染拡大が懸念されている点だ。
これに伴い、防疫当局は首都圏の自治体を対象とする「ソーシャルディスタンス フェーズ4」の実行に入った。フェーズ4の発令に伴い、午後6時までは4人以内、その後は2人以内に限り集まることができる。単独デモ以外の集会やイベントは全面禁止される。ナイトクラブや酒類提供店舗などのレジャー・風俗店は営業停止となる。結婚式や葬式は親族のみ(49人以下)参加が可能となる。(ソウル=李民晧)

写真=韓国プロ野球は13日から2週間、首都圏で行われる全ての試合を無観客で実施する


閉じる