正義求めるアジア市民の声

日比谷でトランプ米大統領支援デモ
日付: 2021年01月14日 00時00分

6日のデモには約100人が参加
 東京・日比谷で6日、「TRUMP SUPPORTER IN JAPAN」が主催する、トランプ大統領の再選を支援する趣旨のデモ行進が行われた。日本人だけでなく、韓自協や親中国連邦、在日チベット人なども参加した。不正に抗議し、トランプ大統領を支持する市民の声が高まっている。
今回のデモ行進は、大統領選挙結果を認証する米上下両院合同会議が開かれる6日に合わせ、トランプ大統領が「1月6日はワシントンDCで大規模デモだ」(昨年12月19日)と呼びかけたことに端を発した。
デモ行進に先駆けて行われた米国大使館前での街頭宣伝では、参加者が切実な心情を訴えた。
「トランプ大統領を支援する会」の小林直太氏は、「われわれは現地での参加は難しいため、この米国大使館前に集まった。最後の最後までトランプ大統領とともに戦う」と述べた。
新中国連邦は「トランプ大統領を応援することは、われわれとその子孫を守る行為だ」と声を上げた。
ある在日韓国人は、「自由を望むなら必ず責任を果たさなくてはならない。米国で起きている不正を見過ごすなら、日本にもその影響は及ぶだろう」とメッセージを投げかけた。
今回のデモ行進では、「これは米大統領選を巡るものではなく、正義と不義の戦いだ」とする声が大きかった。


閉じる