家族の愛情「牛肉わかめスープ」

作り置きができアレンジも
日付: 2020年10月14日 00時00分

 韓国では誕生日にわかめスープを頂きます。理由は、お母さんが赤ちゃんを出産後、最初に口にするのがわかめスープだからです。
昔ながらのわかめスープは一度作ると3日ほど保存が利き、温め直すとわかめがどんどんトロトロになっていくのが特徴です。
2日目に頂くわかめスープは、クッパにして食べると最高に美味しいです! 
シンプルな味付けが、家族の愛情を感じさせる一品となっています。

◆材料(4人分) 

・乾燥わかめ…10~15グラム(生わかめの場合は120 グラム)
・牛肉切り落とし…100 ~120グラム 
・玉ねぎ…40グラム 
・椎茸…2個
・ごま油…大さじ1
・おろしにんにく…小さじ 1

◆味付け

・醤油…大さじ1・5
・塩…小さじ1~1・5
・こしょう…少々 
・水…1・2リットル

◆作り方

(1)乾燥わかめを水に漬け戻します。
(2)鍋にわかめと牛肉、お好みでおろしにんにくを入れ、ごま油で1分ほど炒めます。
(3)水を入れて強火にかけ、沸騰したらやや中火にし、そのまま5~6分煮込みます。
(4)玉ねぎを入れ、味つけをします。
★塩加減はお好みで調節してください。
(5)味が決まったら椎茸を入れ、1分弱煮込みます。
(6)こしょうを少し振り入れたら出来上がり。

◆ワンポイントアドバイス

・醤油大さじ1の代わりに、カナリエキス大さじ1で味付けしても美味しく頂けます。
・牛肉の代わりに、煮干しやあさり、牡蠣などを使っても大丈夫です。

■プロフィル

キム・ヨンジョン(金姸貞)韓国料理研究家。韓国・京機道富川出身。2児の母。体に優しく、素材の味を生かした本場のレシピが好評。韓国料理のレシピ本「うん!作ろう」シリーズ著者。メディア出演多数。韓国料理教室「韓サモ」主宰など、多方面で活躍中。ブログ「韓国料理店に負けないヨンジョンの韓国家庭料理レシピ・眞味」は、1日平均5000アクセス以上の人気を誇る。

作り方はYouTubeチャンネルヨンジョンの本格韓国料理でも配信中!


閉じる