韓国初の専用軍事通信衛星を発射

日付: 2020年07月29日 00時00分

 韓国軍の通信衛星ANASIS2が21日、米フロリダ州のケープ・カナベラル空軍基地からスペースX社のファルコン9ロケットによって発射された。ANASISI2は2週間の中間軌道の変更を経て停止軌道に到着する。約1カ月間の性能確認の後、本格運用が始まる。韓国軍はこれまで多目的の官・民・軍兼用衛星を利用したため、通信範囲や通信保安の制約があった。今回、軍事専用の通信衛星を持つことで通信範囲が飛躍的に拡大し通信保安の問題も解決した。ANASIS2は元々F35Aステルス戦闘機の運用に通信衛星が不可欠だったため導入が決まった。当初はロッキード・マーチンが無償で提供する予定だったが追加の費用がかかったと見られる。


閉じる