韓流でアイドル育成

日本人のガールズグループ誕生
日付: 2020年07月08日 00時00分

 TWICEなどが所属する韓国のJYPエンターテインメントと、日本のソニー・ミュージックがタッグを組んだガールズグループオーディション「Nizi Project(虹プロジェクト)」が終了し、9人がデビューした。これは日本でガールズグループを生み出す企画で、昨年7月からスタートした。現地の文化を取り入れながら、韓国スタイルの育成システムでアイドルグループを育て上げる「K―POPインキュベーティング」として注目されていた。
オーディションは、札幌、東京、大阪、福岡、ハワイなど全10カ所で行われ、応募者は1万人を超えた。そこから選ばれた26人が東京合宿を行い、さらに選抜された14人が韓国でレッスンを重ね、6月26日にデビューメンバーが決まった。
約1年間の軌跡はhulu、YouTubeで配信、日本テレビ系でも放映された。外出自粛期間と重なり、初の日本人だけのグループということも手伝って、日本の新しいファン層も獲得したようだ。


閉じる