今年度も外平債発行へ

利子支払いが財政圧迫
日付: 2020年07月01日 00時00分

 企画財政部は、7~9月期に15億ドル規模の外国為替平衡基金債権(外平債)を発行する計画。
これにより外平債発行残高はこの13年で最大となる見通しとなった。現在の外平債発行残高は約9兆8000億ウォン、年間利子は約3000億ウォンにのぼる。今年、15億ドルを調達すれば発行残高は11兆6000億ウォンに達し、利子支払いが財政を圧迫する。
外平債発行は、民間企業の外貨調達に否定的影響を与える危険性もある。格付けが高い外平債が優先して購入されるため、社債の需要が縮小する。4000億ドルを超える外貨準備高があるにもかかわらず、外平債発行を繰り返す政策に対し疑問の声が上がっている。


閉じる