マスク詐欺に用心

韓日で相次ぐ被害
日付: 2020年03月18日 00時00分

 武漢コロナウイルスが全国的な広がりを見せるなか、マスク販売の詐欺事件が急増している。検察庁は10日、同日午前9時現在で検察が管理する新型コロナ関連事件・計198件のうち、マスク販売詐欺事件が93件(46・9%)に上ると明らかにした。モバイルアプリ含むインターネットサイトを利用した手口が59件と最も多かった。製造業者を詐称した事案は4件だが、被害額が12億ウォン(約1億1000万円)に達するケースがあるなど、被害規模が大きい。
日本でも5日、マスク販売業者を装ったメールでクレジット情報を入力し、およそ16万円を不正利用された事件が発生した。
両国政府は引き続き注意を呼びかけている。


閉じる