第3四半期 営業利益38.77%減

上場579社の財務諸表発表
日付: 2019年11月27日 00時00分

 韓国証券取引所と韓国株式上場会社協議会は18日、12月決算のコスピ上場企業579社(金融業など除外)の連結財務諸表を発表した。
これら企業の第3四半期までの売上高は1486兆8000億ウォンで、2018年と比較し0・29%増加した。
半面、営業利益は82兆2000億ウォンで前年比マイナス38・77%と大幅な減少となった。純利益も同様に54兆5000億ウォンで45・39%減少した。
コスピ上場企業の連結負債比率も第3四半期末現在109・37%で、昨年末より4・91ポイント上昇した。
業種別には運輸装備(28・21%)、流通業(9・81%)、建設業(1・04%)、機械(0・52%)など4業種で純利益が増加した。
減少したのは医療精密(△75・98%)、纎維衣服(△65・98%)、電機電子(△60・58%)、飲食糧品(△56・08%)など11業種。


閉じる