中国「独身の日」売上げ新記録

韓国は国別で3位 家電や化粧品が人気
日付: 2019年11月20日 00時00分

 世界最大のEコマースの祭典である中国「独身の日」が11日、開催された。アリババが主催する同イベントの今年の取扱高は、24時間で2684億元(384億ドル)で、新記録を達成した。
今年の売上げには海外ブランドが大きく貢献した。セールに参加した中国以外の上位5カ国は、日本、米国、韓国、オーストラリア、ドイツ。国別売上げで3位となった韓国は、11ブランドがそれぞれ1億元(約150億6000万ウォン)以上の売上げを記録。サムスン電子、アモーレパシフィックの「雪花秀」「ラネージュ」「イニスフリー」、LG生活健康の「The History of Whoo」 、AHC、ドクタージャルト、3CE、LFの「HAZZYS」、FILAなどが好調だった。
アリババによると、今年は15の企業が10億元(約1550億ウォン)以上の取扱高を達成した。中国のファーウェイや小米(シャオミ)、米国のBoseやエスティ ローダー、Gap、アップルほか、日本ブランドではユニクロやMUJIが10億元を超えた。


閉じる