【BOOK】「+1cm LOVE」(キム・ウンジュ文/カン・バンファ訳)

ほのぼのとしたイラストとともにあらゆる年代の人を癒すエッセイ
日付: 2019年10月17日 04時30分

 「たった1cm、ものの見方を変えるだけで世界が大きく変わる」という信念のもとに書かれた「+1cm」シリーズ。今回のテーマは「愛」だ。
コピーライターとしての活躍が頷けるリズミカルな文体で、生まれたての愛や深まっていく愛、重荷になる愛などについてのメッセージが綴られていく。しかし、恋愛で悩んでいる人だけが対象ではない。
隣人同士、上司と部下、親友との間に必要な距離について考えさせられる。怒りや憎しみという感情には、自ら止まろうとする努力が必要であり、そのためのエネルギーを惜しんではいけないと叱咤激励する。恋人や家族はすべてを受け入れてくれる絵に描いたような「愛」ではなく、不完全で失敗ばかりを繰り返す喜怒哀楽が激しい生きた「人」なのだと気付かされ、感謝の気持ちを忘れれば、大切なものが去って行ってしまうと警告する。
あらゆる年代の人がそれぞれのポジションで、少しでも幸せに近づけるように、自分自身を癒すためのエッセンスがちりばめられている。ほのぼのとしたイラストにも肩の力が抜けるようだ。
文響社刊
定価1380円(税別)


閉じる