米デルタが韓進KALの株式取得

最大10%まで取得の計画
日付: 2019年06月26日 00時00分

 米国デルタ航空は20日、韓進グループの持ち株会社である韓進KALの株式4・3%を買い入れたと発表した。
同社は、株式買い入れに対し韓米両国政府の許可が出次第、最大10%まで取得する計画だとしている。
デルタ航空は南極を除いた世界すべての大陸に325路線を運航する世界最大規模の航空会社の一つ。両社は19のグローバル航空会社とともにスカイチームを組んでおり、故趙亮鎬韓進グループ前会長時代から友好的な関係を維持して来た。今回のデルタ航空による韓進KALの株式買入は、企業支配構造改善専門のファンドの運用会社であるKCGI(Korea Corporate Governace Improvement)による同航空会社の買収を防ぐためのものという見方が強い。同ファンドは、昨年より韓進KALの株式の買い入れを進めており9%を保有している。


閉じる