ミュージカルにも韓流

都内ライブハウスで上演
日付: 2019年05月22日 00時00分

 2020年に日本公演を予定しているミュージカル「アーサー・サヴィルの犯罪」のショーケースが16日、都内ライブハウスで行われた。この作品は、若手クリエイター育成プロジェクトから生まれた。オスカー・ワイルドの同名短編小説にサスペンス要素をプラスし、現代の人間ドラマとして再構成したものだ。フリージャズをベースにしているため、ライブハウスでの上演になるという。
本作のように役者と近い距離で楽しめるミュージカルは、大劇場のそれとは異なる魅力を持つ。日本でも注目され始めた韓国ミュージカルが、次の代表的なコンテンツになることを目指す。

写真=4人の登場人物で物語が進む


閉じる