2018免税店売上げ世界1位に

ロッテ明洞店4兆ウォン超え記録
日付: 2019年01月17日 00時00分

 ロッテ免税店は6日、ソウル明洞店の2018年年間売上高が4兆ウォンを超えたと発表した。これは同グループで初めてで昨年度、免税店の売上高として世界一となる快挙だ。
同店の年間売上高は1980年のオープン当時は22億ウォンにすぎなかったが、2011年に1兆ウォンを突破。15年に2兆ウォン、16年に3兆ウォンを超えるなど順調に売上げを伸ばしていった。17年はTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)問題で韓中関係が悪化したこともあり停滞。一方、昨年は中国人団体旅行客が減少した結果、代理購入での爆買いが増加し、好影響を与えた。
明洞店は16年8月に売り場の拡張を終えたほか、昨年10月に中小、中堅の韓国ブランド売り場を新規オープンさせるなど、販売体制をより強化している。


閉じる