広島韓人会が発足

広島、山口など5件から100人参加
日付: 2018年09月27日 00時00分

金仁淑初代会長
 在日本広島韓国人連合会(広島韓人会)が15日、広島市の留学生会館で創立総会を開き、初代会長に金仁淑さん(65)が選ばれた。同氏は広島県日韓親善協会の理事も務めており、「同胞の親睦を深め、韓日友好の交流事業やイベント開催、留学生の生活支援などを積極的に展開する」などとあいさつした。
ニューカマーの親睦団体である在日本韓国人連合会(本部:東京)の6番目の地方組織として、今回発足し、会員は広島、山口、島根など5県の居住者が対象で、現在およそ100人いる。
今後の活動方針として、戦時中の強制連行で犠牲になった韓国・朝鮮人の慰霊祭(10月11日・庄原市高野町)、日韓伝統文化パレード(11月3日・廿日市市宮島)などを予定している。


閉じる