ヨンジョンの 毎日眞味<7> クラゲのにんにくソース冷菜

こりこり食感がやみつきに
日付: 2018年07月31日 04時42分

 にんにくがたっぷり入った大人味のクラゲの冷菜です。甘酸っぱいソースが染みたにんにくの香りで食欲をそそり、細切りキュウリで夏の食卓に涼しさを届けます。
韓国では、祝いの席やおもてなし用の料理としても定番のメニューです。肉料理がメインになりがちの祝膳の中で、さっぱりしたクラゲ冷菜は口直しにもなります。
クラゲは低カロリーなのでダイエット中の人も安心して食べられる食材です。こりこりとした食感なのでよく噛むことにより満腹感も得られる一品料理です。
■材料
塩蔵クラゲ…100グラム
りんご…1/4個
キュウリ…1/2本
■味付け(にんにくソース)
・刻みにんにく…3個分
・刻みキュウリ…1/4本
・酢…大さじ3 
・醤油…大さじ2  
・砂糖…大さじ2/3 
・塩…小さじ1/3 
・水…大さじ1
■作り方
(1)クラゲは、塩分をとるため水に1時間ほど浸けておく。★水は2回ほど替える。
(2)クラゲをザルに入れて全体に熱い湯をかけ、水気を切る。★熱湯をかけることで弾力をアップさせ、特有の臭みを消す。
(3)『味付け』の材料にクラゲを入れ、10分ほど漬けておく。
(4)キュウリとりんごは千切りにし、りんごは塩水に浸しておく。
(5)食べる直前に皿に千切りしたキュウリとりんごを盛り付ける。その上にクラゲを乗せ、にんにくソースを全体にかける。
■ワンポイントアドバイス
・青唐辛子やみょうがなど、お好みの薬味を千切りしてトッピングするのもおすすめ。
・刻みにんにくの代わりに、練りからし大さじ1/2を溶かしてソースを作っても美味しいのでお試しを。

■プロフィル
キム・ヨンジョン(金姸貞)
韓国料理研究家。韓国・京機道富川出身。2児の母。体に優しく、素材の味を生かした本場のレシピが好評。韓国料理のレシピ本「うん!作ろう」シリーズ著者。メディア出演多数。韓国料理教室「韓サモ」主宰など、多方面で活躍中。ブログ「韓国料理店に負けないヨンジョンの韓国家庭料理レシピ・眞味」は、1日平均5000アクセス以上の人気を誇る。

 
 

閉じる