民団茨城 「韓日青年フォーラム」開催

地引網イベント大盛況
日付: 2018年07月19日 06時44分

5回目となる地引網イベント
 民団茨城県本部(張仙鶴団長)は7日から8日にかけ、大洗一体で韓日交流を目的とした「第4回韓日青年フォーラム」と地引網漁を行った。
本イベントは、茨城県内に住む韓日の若者や学生たちが交流を楽しみ、親睦を深める場として企画されたもの。地引網イベントは当初、茨城中央支部の企画として開催していたが、現在は年齢・国籍を問わず各支部から多数参加するようになった。
7日は「アジアへ広げよう友好の輪」をテーマとする「第4回韓日青年フォーラム」を大洗ホテルで開催。本フォーラムには、筑波大学はじめ韓日の学生らおよそ20人が参加した。終了後、参加者たちは大洗ビーチへと移動し、ビーチバレーやゲームを楽しんだ。
8日は、今年で5回目となる地引網漁を実施した。張団長、金桂一議長ら民団関係者をはじめ、子どもたちなど合わせて210人が参加した。地元の漁師の協力によって海に網を張り、参加者らが力を合わせて綱を引いた。網にはアジなど多くの魚がかかり、興味深く観察する子どもたちの姿も見られた。
張団長は2日間に及んだ本企画について「子どもたちには良い経験になったと思う。年齢や国籍を問わず、地域の仲間としてこれからも仲良くしていけると嬉しい」と述べ、来年以降の開催についても意欲を示した。


閉じる