ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-07-17 12:52:19
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2024年06月11日 11:02
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「在外同胞庁」1周年イベント
同胞庁長と在外韓国人の対話

 在外同胞庁が発足から1周年を迎えた。
李基哲庁長は5日、仁川市延寿区の本庁で「在外同胞との対話」を開き、「在外同胞庁は700万人に上る在外同胞の懸け橋かつ代弁者となるよう努めてきた」と語った。
この日行われた「在外同胞との対話」は、過去1年間の成果を振り返ったほか、在外同胞からの意見を直接ヒアリングする時間が設けられた。
李庁長は、同庁の重点事業として「外国の教科書には植民地から先進国へと飛躍した韓国の軌跡を、国内の教科書には在外同胞による母国への貢献の記録が掲載されるよう推進してきた。年末までには目に見える成果が出せるよう努めている」と語った。

 「米州韓人総連」は参加

この日開催された「在外同胞との対話」には、国内外の同胞およそ80人がオンライン・オフラインで参加。しかし、在日韓国人社会を代表する団体「民団中央本部」は招待されなかった。
一方で、在米韓国人団体の「米州韓人総連」会長はオンラインで参加し、複数国籍保有や国籍の回復など在米同胞が直面している各種問題について対応や改善策を求めた。
同日、在外同胞庁傘下の公共機関「在外同胞協力センター」も創立から1周年を迎え、記念行事を行った。金永根センター長は「政府の在外同胞政策実行のための専門機能をさらに強化し、母国・韓国と在外同胞社会の発展に貢献できるよう最善を尽くす」と述べた。
(ソウル=李民晧)

 

5日、「在外同胞との対話」を主宰する李基哲庁長

2024-06-12 3面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第16回
ソウルを東京に擬える 第31回 居酒...
金永會の万葉集イヤギ 第17回
韓商新会長に柳和明氏
金永會の万葉集イヤギ 第18回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません