ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-07-09 12:52:34
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2024年06月04日 12:04
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金永會の万葉集イヤギ 第13回
哀痛の歌を生んだ悲劇416番歌

 飛鳥時代の終わり頃、悲運の皇子がいた。そして、飛鳥時代はこの悲運の皇子とともに暮れる。
大津皇子(おおつのみこ)の母は太田皇女(おおたのひめみこ)だった。太田皇女には、妹の鸕野讃良皇女(うののさららのひめみこ・後の持統天皇)がおり、姉妹は1人の男・天武天皇に嫁いだ。大津皇子の叔母にあたる鸕野讃良皇女にも息子の草壁皇子(くさかべのみこ)がいた。
大津皇子は幼いときに母を亡くし母親なしで育ったが、品位があり学識が深かった。大津皇子はまわりの人々から、一つ年上の異母兄の草壁皇子より秀でていると言われた。鸕野讃良皇后は、自分の所生でない皇子たちも同じく扱うと約束したが、2年も経たず草壁皇子を皇太子とした。そして、父の天武天皇は、すべてのまつりごとは皇后と草壁皇太子に報告するように、と命じ亡くなった。
天武天皇の崩御から1カ月も経たないある日、驚くべき知らせが伝えられた。大津皇子の謀反が発覚したという。皇子は直ちに捕らえられた。そして翌日、鸕野讃良皇后は詳しい調査もせずに皇子に対する処分を決める。

「賜死 皇子大津」(日本書紀 持統天皇条)
皇子は自分の屋敷で死を命じられた。24歳の若さだった。このとき、皇子の屋敷の磐余(いわれ)池の鴨が甲高く鳴いて寂寞を破った。妃の山邊皇女(やまのべのひめみこ)は髪を振り乱し、裸足で走り出て皇子と共に死んだ。皆がすすり泣いた。

大津皇子が死を前に作った歌がひとつ、万葉集にある。その416番歌を郷歌製作法で解いてみる。

百傳 磐余池尒 鳴 鴨乎
今 日 耳 見哉
雲隱 去 牟

死ねと催促する声が百回も聞こえてくるね、磐余池の鴨よ。今、日が暮れるのが見えるね。雲は夕焼けに染まっていくね。

この千年の間、この歌は次のように解されていた。 百伝ふ 磐余の池に鳴く鴨を 今日のみ 見てや 雲隠りなむ(広く伝わる磐余の池に鳴く鴨を見るのも今日を限りで、私は死んでいくのだろう)

主要な句を解読してみる。
百傳 「死ねと催促する声が百回も伝わってくるね」(早く自尽せよという言葉を百回も伝えているという意味だ)
磐余池尒 鳴 鴨乎 「磐余池で鳴いている鴨よ」 「磐余池」は固有名詞なので漢字の意味で解かなければならない。磐は「ためらう」、余は「あまり」である。つまり磐余は「ためらったあと」となる。 自決しろと催促しても、皇子はためらいながら泣いていた。そして、もっと大きな悲劇が生じた。
今 日 耳 見哉 「今、日が暮れるのが見えるね」
ここが416番歌の核心の句だ。日は「天皇」、耳は「八代の孫」、哉は「災い」という意味であり、「これから天皇の8代目の孫まで災いに遭う」という呪いを隠した句なのだ。

 哀痛の歌を生んだ悲劇416番歌<続く>

2024-06-05 3面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第15回
金永會の万葉集イヤギ 第16回
金永會の万葉集イヤギ 第17回
ソウルを東京に擬える 第31回 居酒...
韓商新会長に柳和明氏
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません