ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-06-11 12:34:21
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2024年05月21日 12:12
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ジャンボタニシ利点と課題議論
韓国草の根塾セミナー

 先月25日、韓国草の根塾オンラインセミナー(田中博代表)を開催、朴光来・国立農業科学院研究員が「ジャンボタニシの農業的活用・管理法」と題して講演した。
ジャンボタニシ(和名:スクミリンゴガイ)は南米に生息する外来種のタニシで、韓国では1983年に食用として輸入されたが、あまり人気は出なかった。田んぼに遺棄されたジャンボタニシが雑草を食べる光景が目撃され、92年からその特性を利用した除草目的での導入が始められる。
ジャンボタニシは雑食かつ食欲旺盛で、空腹を感じると浮袋に空気をため込み、水面まで浮かび上がることができる。雨風を利用しての移動も可能で、繁殖力が非常に高い。
除草剤のような毒性がなく、食用に転じることもできるため、現在も韓国で幅広く用いられているが、雑食性の外来種の例にもれず、生態系を破壊しかねない点は疑いようなく、日本の農林水産省では駆除対象としている。韓国でも環境部が生態系をかく乱する生物として指定する動きがあったものの、農林部と海洋部で管理強化のガイドラインを作成し、現在も利用されている。
朴研究員によると、持続可能という点からいえばジャンボタニシを利用しての除草行為には別の環境問題を誘発しかねない危険性もあるが、現状で代替できる除草方法もないため、韓国での使用が近く見直されることはないとしている。

2024-05-22 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
훼손된 「88서울올림픽 재일한국인...
「ソウル五輪在日顕彰碑」が破損
尹大統領、就任2周年記者会見
金永會の万葉集イヤギ 第12回
金永會の万葉集イヤギ 第11回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません