ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-06-11 12:34:21
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2024年05月21日 11:23
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
尹大統領の左翼宣言
連帯相手を注視せよ

 退任後か在任中の自分の安全への憂慮から、李在明に投降した尹錫悦大統領の乱が迷走している。尹大統領が就任後3回目に光州に行って5・18記念式に出席、『汝のための行進曲』を歌った。「5の母会」ともに拳をふりながら歌った。
尹大統領は18日、「国立5・18民主墓地」で行われた「5・18光州民主化運動43周年記念式」の記念辞で「5月精神は私たちに自由民主主義を守るための実践を命じている」「5月精神は 自由民主主義憲法精神そのものであり、私たちが必ず継承すべき大切な資産」とし「私たちをひとつに結びつける求心体」と強調、「民主主義の危機を招く内外の挑戦に対抗して闘争しなければ5月の精神と呼ぶのも恥ずかしい」と付け加えた。
就任辞で「自由」という言葉を数十回も使った尹大統領が、就任2年を迎え、自分が骨髄まで鮮明な左翼であることを全国民に確認させた。
このように正体を露わすことで全羅道や左翼から保護や支持を受けると考えたようだ。尹大統領は李在明との連立・共同政権を通じて任期が保障されると考えたが、李在明党の事情が複雑に展開し困惑している。次期国会議長選出をめぐって李在明党が混乱を露呈しているためだ。
李在明が次期国会議長候補として秋美愛を指名したのに、次期当選者全員による投票で次期議長候補に禹元植が選出された。李在明が完璧に掌握したように見えた「共に民主党」で、文在寅、朴智元などの全羅道勢力が李在明牽制に出たためだ。就任後2年間、雑犯だけを調査、反逆犯罪は調査せずにきた尹大統領は、果たして文在寅と李在明の誰と手を組むだろうか。

2024-05-22 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
훼손된 「88서울올림픽 재일한국인...
「ソウル五輪在日顕彰碑」が破損
尹大統領、就任2周年記者会見
金永會の万葉集イヤギ 第12回
金永會の万葉集イヤギ 第11回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません