ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-06-11 12:34:21
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2024年05月15日 05:04
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金永會の万葉集イヤギ 第11回
額田王、私には愛しかないわ 16番歌

 西紀663年、韓半島西海岸の白村江で歴史を変える戦闘があった。倭国軍が新羅と唐の連合軍に敗れ、海が血で染まった。倭国軍は撤退せざるを得なくなった。それから4年後、春のある日の飛鳥で、額田王は中大兄皇子から「春山の花が好きか、それとも秋山の紅葉が好きか」との質問を受けた。額田王が出した答えが万葉集の16番の歌だ。原文はこうである。

冬 木 成/春 去 來者 不喧 有之/鳥 毛 来 鳴奴/不開 有之/花 毛 佐 家礼杼/山 乎 茂 入 而 毛 不取/草 深 執 手 毛 不見/秋山乃 木葉乎 見 而者/黄葉 乎 婆 取而曾 思努布/青 乎者 置而曾/歎 久 曾 許之 恨 之/秋山 吾者

万葉集の研究者たちは次のように解いているが、歌の大筋を捉えていない。
冬こもり 春さり来れば 鳴かずありし 鳥も来鳴きぬ 咲かずありし 花も咲けれど 山を茂み 入りても取らず 草深み 取りても見ず 秋山の 木の葉を見ては 黄葉をば 取りてぞ偲ふ 青きをば 置きてぞ嘆く そこし恨めし 秋山吾は
(冬が去り、春がやってくれば、鳴かずにいた鳥もやって来て鳴く。咲かずにいた花も咲く。しかし山が繁っているので入ることができず、草が深いので手折って見ることもできない。秋山は木の葉を眺めながら、黄色くなった葉をとって鑑賞することができる。青葉が少なくなって残念だが、私は秋山が好きだ)

郷歌製作法は次のように解読する。
冬の木のようになっていたわ。春がめぐりまた来るや、鳴かなかった鳥たちが飛んできている。鳥たちが大海人皇子のところに来てさえずっているわ。花も咲いていなかったわ。いま花々は皇子を迎えているわ。皇子が織機の杼(ひ)のように女人たちに入ったり出たりしている。春の山には木の葉が生い茂ってその中では皇子に会えず、皇子を捕まえたくても茂みのため、全く見えないわ。秋の山に木々の葉が落ちるのを見て黄色い葉を拾ったわ、大いに悲しんであげたわ。落ちた青葉は泣きながら胸にしまったわ。嘆きながら長く涙を流したわ。ボロボロ泣いたわ。嘆じたわ。秋の山の方が好きだわ、私は。

一節ごとに解いてみよう。
 冬 木成
(大海人皇子は戦争で敗れたため)冬の木のようになっていたわ。
 春 去 來者 不喧 有之/鳥 毛 来 鳴奴
春が去って(また戻って)来ると、鳴かなかった鳥たちが飛んできて(大海人皇子のそばに止まって)いるわ。鳥たちが皇子のところに来てさえずっているわ。※敗戦後、大海人皇子が飛鳥に戻ってきた。人々がまた周囲に集まった。
不開 有之/花 毛 佐 家礼杼
(花も)咲いていなかったわ。今は花々が皇子を迎えているわ。皇子は杼(ひ・織機で横糸を入れて縦糸の間をくぐらせる舟形をした用具)のように花々に入ったり出たりしているわ。*毛はひげを生やした大海人皇子、家は女のことである。

額田王、私には愛しかないわ 16番歌<続く>

2024-05-15 3面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
훼손된 「88서울올림픽 재일한국인...
「ソウル五輪在日顕彰碑」が破損
尹大統領、就任2周年記者会見
金永會の万葉集イヤギ 第12回
金永會の万葉集イヤギ 第11回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません