ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-07-17 12:52:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2024年05月01日 12:16
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
第1四半期 新韓金融が純利益1位に
晋玉童会長の「正道経営」が結実

 新韓金融持株会社は今年の第1四半期、1兆3215億ウォンの純利益を上げ、KB金融持株会社(1兆491億ウォン)を約3000億ウォン上回る形で金融業界の首位となった。新韓金融が第1四半期の業績でKB金融を上回ったのは、2020年以来4年ぶりだ。
KB金融の純利益が減少したのは、香港H指数ELS(株価連動証券)の投資家に対する損失補償金を支出した影響が大きかった。KB金融は今年の第1四半期に関連費用として8620億ウォンを引当金として使用し、新韓金融(2740億ウォン)より3倍以上多かった。
金融業界では、晋玉童会長の下、新韓金融の「持続可能な成長」と「正道経営」の推進が結実したと評価されている。晋会長は就任以来、外的な成長よりも健全性と内部統制の強化、リスクヘッジなどに重点を置いてきた。
第1四半期の新韓金融は、銀行・ノンバンク部門で堅実な成長を見せた。
新韓銀行は第1四半期に9286億ウォンの純利益を計上し、銀行系1位の実績を上げた。新韓カードは1851億ウォンの純利益を上げ、前年同期比でも業績が改善。新韓生命も前年同期比の純利益が15・2%増加した。
海外部門も好調だ。第1四半期における新韓金融のグローバル当期純利益は2150億ウォンで、前年同期比35・4%増加した。グループ損益でグローバル部門が占める割合は16・3%で、昨年同期比11・4%増加した。
(ソウル=李民晧)

ソウル市中区太平路にある新韓金融グループ本社社屋

2024-05-01 3面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第16回
ソウルを東京に擬える 第31回 居酒...
金永會の万葉集イヤギ 第17回
韓商新会長に柳和明氏
金永會の万葉集イヤギ 第18回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません