ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-07-17 12:52:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2024年04月23日 11:48
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
東京測地系→世界測地系 
攻めの経営継続する韓国企業

 世界的に厳しい経済情勢下、韓国には積極的な経営姿勢を示す企業がある。
(1)サムスン電子
サムスン電子は約8兆ウォンを投じて、多国籍企業であるジョンソン・コントロールズの冷暖房空調(HVAC)事業部の買収を検討中とされる。サムスンが今回の買収を実現させるならば、2017年の電装・オーディオ専門企業であるハマーン・インターナショナルを買収以来、8年ぶりの大型M&A案件となる。ジョンソン・コントロールズの冷暖房空調事業部に対して付けられた価格は60億ドルと見られているが、まだ公式的な見解を示していない。
(2)LGグループ
LGグループは28年までの5年間に、国内に約100兆ウォンを投資し、人工知能(AI)やバイオ、クリーンテックといった先端技術の他、バッテリーや自動車部品、次世代ディスプレーなどの成長分野に投資額の半分を充て、競争力の差異化を図る戦略を示した。株式会社LGが3月27日、定時株主総会でこうした中長期投資計画を発表している。LGグループは総投資額の65%を国内に振り向けることになり、韓国経済全体の底上げも期待されている。100兆ウォンのうち約55%を研究開発(R&D)に投じ、重要素材の研究開発施設、スマートファクトリーなど製造の拠点を国内に築く計画だ。
 (3)SKハイニックス
SKハイニックスは、米国・インディアナ州に40億ドルを投資し、人工知能(AI)半導体核心部品である高帯域幅メモリ(HBM)生産基地を建設することを検討している。同社がHBM生産基地を海外に建設するのは今回が初めてとなる。また、本プロジェクトが推進されれば、28年には生産工場を稼働。その結果、800~1000人の新たな雇用の創出が予想されるとの見方が出ている。
 (4)現代自動車グループ
現代自動車グループは3月27日、国際競争力の強化を見据えて、26年までの3年間に国内で計8万人を採用し、68兆ウォンを投資すると発表した。こうした大規模採用・投資計画による雇用創出効果は19万8000人を上回るとも見られている。
 (5)大韓航空
大韓航空は3月21日に理事会を開催し、欧州の多国籍航空企業であるエアバスと先端中大型航空機A350を33台購入する契約を締結すると発表した。A3501000を27台、A350900を6台で、全体購入金額は137億ドルに達する。「空のホテル」を作りたいとして意気込んでいる。
 (6)ポスコグループ
韓国財界5位、世界的な鉄鋼メーカーであるポスコグループを新たに率いる代表取締役会長にチャン・インファ元ポスコ社長が選出された。グループの持ち株会社であるポスコホールディングスは3月21日、株主総会でチャン氏の社内取締役選任案を承認し、続いて取締役会で同氏を新会長に選任した。チャン氏は新ビジョン「未来を開く素材、超一流に向けた革新」を掲げた上で、「国民から信頼と愛を得た誇らしきポスコの姿を取り戻す」と意気込みを示している。具体的には、鉄鋼事業で圧倒的な優位を確保し、新たに2次電池素材事業を育てる一方、責任経営体制を確立すると強調している。
いずれも、韓国企業らしい積極性を示しているものである。こうした企業活動が韓国経済を支えていると見ておきたい。
(愛知淑徳大学ビジネス学部教授 真田幸光)

2024-04-24 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第16回
ソウルを東京に擬える 第31回 居酒...
金永會の万葉集イヤギ 第17回
韓商新会長に柳和明氏
金永會の万葉集イヤギ 第18回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません