ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-05-21 12:45:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2024年04月23日 11:22
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
議会権力を掌握した野党の横暴
ポピュリズム政策を頻発

 「夕食のある生活」「週4・5日勤務制導入」など耳障りのいい触れ込みに加え、「働かずして暮らせる社会が到来する」と党代表がポピュリズムで国民を扇動し、国会の議席数3分の2を確保した「共に民主党」。さらに今回、1人あたり25万ウォンを国民全員に「無償支給」すると主張するなど、「現金のばらまき」政策を取るよう政府を圧迫している。

(ソウル=李民晧)

 


14兆ウォン規模の無償支援

「(4・10国会議員)選挙の公約として掲げた支援金の件を含め、『民生回復緊急措置』を提案する。これはポピュリズム政策ではない」
共に民主党の李在明代表は17日、国会の党最高委員会で「経済と民生が総じて危機的な状況にある」と述べ、国民1人あたり25万ウォンを支給する「民生回復支援金」を提案した。支援金の支給にかかる予算は、共に民主党の試算によると13兆ウォンだ。さらに、中小企業の融資利子減免などに1兆ウォンを追加で投じる旨を主張している。
年々、国家債務が増大している韓国で、年間予算の3%にあたる財源を「民生」という名目で浪費しようというのだ。これについては、16日の国務会議で述べた尹錫悦大統領の発言が核心を突いている。
「分別なき現金のばらまきとポピュリズムは国の未来を台なしにしてしまう。経済的ポピュリズムは政治的集団主義と全体主義に通じる。よって、それを我々の未来に照らし合わせてみると麻薬のようなものといえる」

働かずに暮らせる社会

先の選挙における遊説で、共に民主党は「尹政権になって以来、経済と外交面で惨憺たる状況に陥っている。韓国は今、北韓よりもひどいレベルの貿易収支赤字国へと転落してしまった」(李代表)と扇り続けた。北韓に比べ1500倍以上もの輸出高を誇る韓国について、貿易収支が北韓よりも貧しい国であるかのように、事実をごまかした。
さらに主張したのが「ベーシックインカム論」だ。李代表は3月23日、北韓との接境地域である京畿道浦川で「一定以上の基本的な生活を保障する社会に到達すべきだ」としてベーシックインカム論を掲げ、「全員が働かずとも、科学技術で生み出された一部の利益を分配すれば生活に支障のない社会が到来する」と主張した。
”働かずして暮らせる社会”というのは何とも耳障りのいい言葉だ。しかし、自由市場経済を目指す国において、それは実現不可能な「理想論」にすぎない。

週4・5日勤務の多数
党と週6日のサムスン


議会権力を掌握した共に民主党の公約のうち、最も人気を集めたのは「週4日、または4・5日制導入企業への支援」だった。総選挙前、大韓商工会議所が1万2000人を対象に実施したアンケートの結果、この公約は20~30代で高い支持を得たことが判明した。これもまた、現実を無視したポピュリズム政策にすぎない。
しかし、そんな彼らから見て時代に逆らうかのような企業が登場した。サムスングループだ。同社は、全系列会社の役員に週6日勤務を言い渡したのだ。部長以下の従業員は該当しないとの方針だ。 
これに対する世論の反応は分かれる。それだけサムスンが危機的な状況に陥っている現実を反映しているという反応と、週6日勤務は時代の流れに逆行しているという反感だ。 
「非常経営」に着手した韓国経済界トップのサムスンが下した決断に対し、他企業の動きも注目されている。韓国の国民は、「仕事は神が与えた祝福」(鄭周永・現代グループ創業者)と信じ、戦争で荒廃した国を立て直した。そのような韓国国民が果たして、甘言でラッピングされた「現金のばらまき」という誘惑を振り払い、正しい選択ができるのか注目される。

 

昨年4月に開かれた労働者団体のデモで、李在明代表(前列中央)が週4・5日制の導入を掲げている

2024-04-24 3面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
훼손된 「88서울올림픽 재일한국인...
金永會の万葉集イヤギ 第10回
「ソウル五輪在日顕彰碑」が破損
尹大統領、就任2周年記者会見
金永會の万葉集イヤギ 第11回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません