ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-06-11 12:34:21
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2024年04月23日 11:15
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金永會の万葉集イヤギ 第9回
衝撃の万葉集、228番歌

 ここまで言うのは本当につらいことだが、この1000年余りの間、万葉集解釈の試みは無駄足だったと言わざるを得ない。
古代天皇家に明らかに異変があった。そうでなければ228番のような極秘の歌が外に漏れるなどあるはずがない。これまでの研究は、このような事実にまではたどりつけなかった。
228番歌は711年、河辺のとある宮人が姫島の松原で嘆きながら作った歌である。元明天皇が藤原京から平城京に都を移したのが710年であるから、平城京への遷都直後の歌なのだ。郷歌製作法に従えば、この歌は次のように解読される。

妹 之 名者 千代尒 將流/姫嶋 之 子 松 之 末尒 蘿 生 萬代尒
事理に暗い女(妹)が犯したことが、将来千代に及ぶだろう。彼女の子孫が死に、また死に、最後には蔓草になり衰えればいい、万代に。

一方、研究者たちは次のように解釈してきた。
いもがなは ちよにながれむ ひめしまの こまつがうれに こけむすまでに
娘の名前は長く伝わるだろう。姫島の松の枝が大きく伸びて苔が生えるまで。

(郷歌法で)解いてみたら228番は恐ろしい歌だった。ある宮人が、持統天皇の子孫が途絶えるようにと祈っていたのだ。彼の幼い娘が処刑されたため詠んだ歌のはずだ。首が百個あっても足りない呪いの歌だった。

歌の核心歌詞を説いてみよう。道理に暗い女(妹)とは、持統天皇を指す。妹の辞書的意味は「事理に暗い(昧)」である。万葉集で、「妹」という文字は「昧」の意味で使われている。したがって「妹」は「世の中の理に暗い女」という意味で解かなければならない。持統天皇の時代、皇子たちや臣下たちは持統天皇を「妹」という文字で呼んでいた。
持統天皇の息子の草壁皇子は27歳の若さで亡くなった。持統天皇は(亡くなった)息子が日になって昇る夢を見てからというもの、時と場所を問わず日が昇る場所を訪ね回った。農繁期であろうが、遠かろうが近かろうがお構いなしで、止めても無駄だった(日本書紀)。悲嘆に暮れる母の目には何も見えなかったはずだ。それで、彼女のことを「世の中の理に暗い女(妹)」と呼んでいた。
河辺とはあの世に行く渡船場を意味する。万葉時代の古代人は「人は死ぬと、魂があの世に行く船に乗るために水辺に行く」と信じていた。河辺の宮人は若い娘を船に乗せてあの世に送りながら、嘆息していたわけだ。「松原」を松の原野と解いてはならない。固有名詞法をもって解かねばならない。固有名詞の意味は歌を作った意図と一致するという法則だ。松は「破字法」という方法で解ける。松=木(棺)+公(貴人)となる。貴い人が棺に入っているという意味だ。貴い人とは、持統天皇の男系子孫のことを指す。つまり松原は、持統天皇の男系子孫が葬られた場所のことを意味しているのだ。宮人は祈っている。持統天皇の子孫たちも私の娘のように死んで、次々と野原に埋まるようにしてください。宮人の呪いは、なんと恐ろしいことか。

衝撃の万葉集、228番歌<つづく>

2024-04-24 3面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
훼손된 「88서울올림픽 재일한국인...
「ソウル五輪在日顕彰碑」が破損
尹大統領、就任2周年記者会見
金永會の万葉集イヤギ 第12回
金永會の万葉集イヤギ 第11回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません