ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-05-21 12:45:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2024年04月16日 12:17
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金永會の万葉集イヤギ 第8回
万葉集17番歌、燃える三輪山

 紆余曲折の末、遷都が終わった。
井戸王(いのへのおおきみ)という歌人が万葉集 19番歌を詠んだ。新しい都でお互いに和合しようと詠っている。

綜 麻 形 乃
林 始 乃 狹 野
榛 能 衣 尒 着 成
目 尒 都 久 和 我 勢


一本の糸から麻の服が作られる。
森は始まる、小さい野原から。
茂みが服のように野原に纏われ山になる。
長上たちが皆、長く和合し、根気強く大きな勢力をなして行こう。

これまで研究者たちはこの歌について全く別の解釈をしてきた。彼らの解釈は次の通りだ。

へそかたの はやしのさきの さのはりの きぬにつくなす めにつくわがせ
(三輪山の林の端にあるハンノキの葉がよく服に付くように、よく目につく我が君)


さて、和合をわざわざ強調することは、和合に問題が生じたことを物語る。中大兄皇子は危機に直面していた。白村江の敗北と遷都のツケは、民心離反という巨大な嵐になり、皇子に襲いかかった。秋の落ち葉が一斉に落ちるように人心が離れた。
中大兄皇子は必死に民心を収拾せねばならなかった。風の吹く琵琶湖に皇子は一人で立っていた。

次回は、持統天皇の子孫が絶えてしまうようにと呪う歌を取り上げてみたい。万葉集には驚くべき歌があふれていた。古代日本の皇室にいったい何が起こり、このような歌が宮殿の外へ漏れたのか、と私は驚いている。万葉集は新たに解読されねばならないと思う。

万葉集17番歌、燃える三輪山<了>

2024-04-17 3面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
훼손된 「88서울올림픽 재일한국인...
金永會の万葉集イヤギ 第10回
「ソウル五輪在日顕彰碑」が破損
尹大統領、就任2周年記者会見
金永會の万葉集イヤギ 第11回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません