ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-04-16 13:15:21
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2024年02月08日 08:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
監察委員長候補 金春植氏 所信表明全文

監察委員長 候補者

金 春 植(77歳 現 中央本部 監察委員長)

 

 親愛なる中央委員・代議員ならびに選挙人、そして組織幹部の皆様!

 在日同胞の地位向上と民団組織発展のため皆様のご尽力に心から敬意を表します。

 

 私は、来る第56回定期中央大会に監察委員長に立候補しました。

 ここに私の立候補に際しての所信を明らかにし、皆様のご支援をお願い申し上げる次第です。

 

 私は、支部監察委員長、支団長、東京本部監察委員、中央本部監察委員(3期)、現在は監察委員長として活動してきました。

 この間、組織の第一線で団務運営にかかわり組織発展の一助になればと誠心誠意努力してきました。

 

 次の3年間は全国の団員の力量を総結集して、団員あっての支部、支部あっての地方本部、そして地方本部あっての中央本部、団員が民団の主権者、主人公として開かれた民団に改革できるよう全力で頑張っていきます。

 

 私は、民団の執行機関・議決機関・監察機関の三機関分立制とは、規約に基づき各機関の職務範囲と権限を定め、各機関の相互牽制によって職務を遂行し、一部の人達への権限と権力の集中を防ぎ、民主的な組織運営を行うためのものであると思います。特に、監察機関は団員の権利、義務、懲戒処分に関する決定を行い、組織の秩序と統一性を維持する権限をもつため、「不羈(ふき)独立」のもと、その独立性が保護されることにより、厳正中立、公明正大にその権能を執行しなければならないと考えます。

 

 監察委員会は、各級組織で組織上問題がおきたときには、事実を調査し規約にのっとり、厳正中立の立場で迅速に問題に対処し、組織運営における葛藤と対立による組織混乱を未然に防止しなければならないものです。

 

 私は、皆様に民団組織の健全な発展と真に民主的で開かれた民団のために次の約束をいたします。

 

1:監察機関は、「不羈(ふき)独立」の基本理念に基づき、厳正中立、公明正大、なおかつ迅速に決断します。

 

2:監察機関は、是々非々の姿勢で執行機関、議決機関とも協議しながら協力していきます。

 

33年間の混乱に対する真相究明委員会(仮称)を設置します。

 

4:ヘイトスピーチ処罰法成立に向けての運動に取り組んでいきます。

 

 私は、以上の所信をもって監察委員長に立候補しました。

 親愛なる中央委員・代議員ならびに選挙人の皆様、なにとぞ私の基本姿勢にご理解を賜りご支援をお願い申し上げます。

 

■プロフィール(組織経歴)

20042007  江戸川支部支団長

20072009  東京本部監察委員

20122021  中央本部監察委員

2021〜    現中央本部監察委員長

金春植氏

2024-02-07 0面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「パンデミック条約」反対会見開く
鄭長善・平沢市長に聞く
金永會の万葉集イヤギ 第4回
金永會の万葉集イヤギ 第5回
民団大阪で3機関長選出
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません