ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-04-16 13:15:21
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2023年11月07日 12:41
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓流ドラマコンサート
4年ぶりに都内で公演

 都内のすみだトリフォニーホールでは先月31日、韓国の実力派アーティストによる、日本で人気のドラマ挿入歌を披露するコンサート「韓流20周年記念DRAMA ORIGINAL SOUNDS KOREA2023」が駐日韓国文化院と韓国コンテンツ振興院(KOCCA)の主催で4年ぶりに開催された。
映像とアーティストのパフォーマンスをシンクロさせた毎年恒例のイベントだが、昨年まではコロナ禍による中止が続いた。
当日の出演アーティストはファン・チョル、JKキム・ドンウク、ZERO、Sanha、ハジン、イ・ソジョンなど。各自のヒットOST(オリジナルサウンドトラック)はもちろん、人気曲や懐メロが披露され会場のファンを沸かせた。

壇上に並ぶアーティスト(韓国コンテンツ振興院提供)

2311-08-05 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「パンデミック条約」反対会見開く
鄭長善・平沢市長に聞く
金永會の万葉集イヤギ 第4回
金永會の万葉集イヤギ 第5回
民団大阪で3機関長選出
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません