ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-07-17 12:52:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2023年10月31日 12:30
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
在日義勇軍遺族の支援強化
国家報勲部

 国家報勲部は、韓国戦争に参戦した在日同胞学徒義勇軍の救国活動を称える事業を今後も継続していくことを明らかにした。国家報勲部の金周瑢報道官は10月23日、ソウルに駐在する外国記者との懇談会で「同志会については、現行の体制から財団へと移行することを検討している。参戦当事者だけではなく、子女ら遺族を支援するための報勲対策を講じている」と明らかにした。
国家報勲部は同日、「洪範図将軍の利敵問題」や「日本の韓国戦争参戦国認定問題」についても答弁した。

国防部と陸軍士官学校は洪範図将軍像の移転を進めている。国家報勲部の見解は。
「国家報勲業務は礼遇に重きを置いている。功労と過失でいえば功労を優先する形だ。政府としては、洪範図将軍は独立有功者であるという認識で一貫している。洪将軍はロシア、満州一帯で独立のために活動し、カザフスタンで死去した。ただ、国防部の見解は異なる。韓国には国防の義務がある。洪将軍がソ連政権と協力し、独立軍を苦境に陥れたという主張も存在する。よって国防部は、主敵の概念を明確にしている士官学校の風土にはそぐわないと見て、銅像を移転すべきだと考えているようだ」

韓国戦争に参戦した在日青年学徒義勇軍の生存者は、韓国と日本を合わせて4人しかいない。遺族らは在日義勇軍の歴史が消滅することを懸念している。こうした現状に対し、国家報勲部はどのような対策を講じるのか。
「海外のケースでいうと、イスラエルの留学生が祖国の戦いに参戦したという事実が有名だ。しかし韓国はイスラエルよりも(17年も)前に在外国民が参戦したという歴史を有している。その事実を広く周知し、遺族の支援も行わなければならない。現在、韓国戦争に参戦した在日学徒義勇軍の遺族を支援する関連法案が国会に提出され、審議中だ。国家報勲部は法案が可決され次第、義勇軍の子女ら遺族を支援する報勲対策を実施する。そして現行の同志会から財団へと形を変えて記念事業を継続することを検討している」
韓国戦争への参戦国として日本を認めることは検討しているのだろうか。また、韓国戦争における日本人の活動について記録化する必要性は。
「日本に対しては国民感情が働く。韓国戦争時に日本人が韓半島の戦線で活動したのは事実だが、多くの国民は日本が具体的に何をしたのかわかっていない。日本が当時行った活動について知ってもらい、韓日両国のプラスになったという事実を紹介することは有意義だと思う。それこそが外国記者の皆さんに行っていただきたいことであり、報勲部の仕事でもあると思う」
(ソウル=李民晧)

2023-11-01 3面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第15回
金永會の万葉集イヤギ 第16回
ソウルを東京に擬える 第31回 居酒...
金永會の万葉集イヤギ 第17回
韓商新会長に柳和明氏
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません