ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-05-21 12:45:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2023年10月31日 12:12
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
不正選挙を制度化した憲法裁判所
「5・18」を媒介とした与野党野合の改憲か

 憲法裁判所は先月26日投票紙にQRコードの使用は違憲という判断を求める申請を棄却した。総選挙を半年も残さず、不正選挙を憲法の権威をもって制度化した蛮行であり反逆だ。尹大統領は10月31日、国会に出席、来年度の予算案に関する施政演説をするが、野合政局の始まりだ。

 尹錫悦大統領が総選挙を前に、原則と法治を放棄、ポピュリズムを宣言して支持者たちを裏切っている。尹大統領は先月30日、国務会議で「国民は、政府の高位職と国民の間に、原子爆弾が爆発しても壊れないほどの巨大なコンクリートの壁があると思っている」「そこに小さな隙間でも開いて、国民の息と声が一部でも伝えられることを切に願う」と話したという。
尹大統領はまた、民生の現場を強調し、「国民が望むならやれない理由が何があるか」とし「大統領室と国務総理室が直接聴取した国民叫びの中でも共通の絶叫は迅速に解決するよう最善を尽くしてほしい」とも言ったという。
大統領の言葉に鼓舞されたか、与党代表は10月30日、総選挙対策として、ソウルを生活圏としている金浦市など京畿道の一部をソウルに編入する意向と発表した。ソウルの巨大化は、地方自治の趣旨と現実、特にこれまで地方への分散を推進してきた国家政策を全面的に覆す措置で、法と手続きなどを完全に無視し、票になるなら何でもやるというポピュリズムの典型だ。政治が、法治と安全保障を無視してポピュリズムへ走る亡国勢力の中心となっている。
尹政権に不正選挙の剔抉意志が全くないことが確認されるや、選管委と司法部は不正選挙の公開的・露骨な制度化に乗り出した。
憲法裁判所は10月26日、QRコードが秘密選挙の原則を破壊するなどの違憲判断の憲法訴願請求を棄却した。国情院が、現行選挙システムがQRコードの偽造や印刷をはじめ、総体的に外部からのハッキングに無防備な状態だと発表したのがわずか3週間前だ。
朴槿惠大統領を違憲弾劾した憲法裁判所こそ弾劾の対象となった。
一方、4・15総選挙のすべての選挙無効訴訟を3年半も裁判サボタージュし、一括棄却した大法院に続き、ソウル南部地方法院も、選挙無効訴訟の妨害に出た。ソウル南部地法は、江西区庁長補欠選挙に出馬して落選した高栄一候補の選挙無効訴訟のための証拠保全申請を巧妙に遮断、事実上、拒否している。
特に、事前投票の不正の手がかりを確保できる開票所周辺CCTVの映像保全を拒否する。民主政治制度の基本である選挙に少しの疑惑もないようにするのは、選管委のみならず政府全体の責任であるのに、司法部が先頭に立って不正選挙と戦う国民を法の権威で抑圧するのだ。今、文在寅集団が作った選挙制度と裁判制度にメスを入れない尹政権も、信じられないという右派国民の不満が爆発している。
与党(国民の力)は総選挙を控えてポピュリズムと左硬化を加速化するにとどまらず、野党との野合を模索している。野合政局は、光州5・18事態のとき、暴徒たちとの癒着疑惑を指摘されてきた印曜翰を党革新委員長に決定したときに明らかになった。尹政権が5・18を野党との野合の触媒として改憲を推進するのではないかという指摘と警告が既に出ている。

 

 

2023-11-01 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
훼손된 「88서울올림픽 재일한국인...
「ソウル五輪在日顕彰碑」が破損
金永會の万葉集イヤギ 第10回
尹大統領、就任2周年記者会見
金永會の万葉集イヤギ 第11回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません