ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-02-25 05:47:38
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2023年10月17日 13:15
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
差別投稿に賠償命令
横浜地裁川崎支部 「限度超える侮辱行為」

 インターネット上での差別的な投稿によって精神的苦痛を受けたとして、川崎市在住の在日韓国人3世の崔江以子さんが、書き込んだ男性に対し約300万円の損害賠償を求めていた訴訟の判決が12日、横浜地裁川崎支部であった。桜井佐英裁判長は「悪意ある差別的言動にあたる」として、被告の男性に約190万円の支払いを言い渡した。
判決によると男性は2016年にブログ上で、「日本国に仇をなす敵国人め。さっさと祖国へ帰れ」などと書き込んだ。
判決で桜井裁判長は、「出身地を理由に敵と根拠なく断定し、排斥を煽った」と指摘し、「『差別の当たり屋』との表現は、人格を否定するもので、名誉や尊厳が侵害された精神的苦痛は非常に大きい。社会通念上許される限度を超える侮辱行為」と断罪した。
判決後、会見を開いた崔さんは「ヘイトスピーチがなくなるため、これ以上の被害を生まないよう、法整備につながってほしい」と話した。
崔さんは多文化共生の街づくりを目的として設置された「川崎市ふれあい館」に勤務。自分の名前を公にしてヘイトスピーチ反対の活動をしてきた。その成果は18年の東京都人権条例、国立市人権条例などのほか、19年には日本初のヘイトスピーチに対し罰則を設けた「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」の制定にもつながった。20年度東京弁護士会人権賞受賞。

2023-10-18 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
群馬の追悼碑撤去の背景
3機関長立候補者が出そろう
任氏の立候補資格で紛糾
李承晩『独立精神』120年を経て初邦訳
3機関長選合同演説会始まる 18日の...
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
精神論〔1758年〕 第三部 第26章 どの程度の情念を人々は持ち得るか
保守かリベラルか
自由統一
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません