ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-06-11 12:34:21
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2023年10月03日 12:31
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
公海で処理水調査
水産物消費への影響小

 韓国海洋水産部の朴成訓次官は9月27日の定例会見で、北西太平洋の公海上で放射性物質を調査すると発表した。東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出後では初。同原発の東約500~1000キロの海域で海水を採取する。
放出前の4回の調査では、放射性物質濃度は世界保健機関(WHO)の飲料水水質ガイドラインより低かった。
また朴次官は放出後の韓国内での水産物販売と外食業での消費動向について、「懸念されたほど減っていない」と述べた。

2023-10-04 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
훼손된 「88서울올림픽 재일한국인...
「ソウル五輪在日顕彰碑」が破損
金永會の万葉集イヤギ 第12回
金永會の万葉集イヤギ 第13回
ソウルを東京に擬える 第30回 マン...
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません