ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-06-18 12:46:25
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2023年08月29日 13:08
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
新解釈日本書記「続」応神 幻の大和朝廷 第10回

 

 草薙剣の献上は倭地を征服したことの報告

ヤマタノオロチの実体がどのようなものであるかを徹底追求してみると、結果は三つの新発見があった。
その一は、ヤマタノオロチは、銅器(銅文化)を駆使する
族の統領、親分であったということだ。スサノオがヤマタノオロチを退治した十握剣は、天津羽羽斬(ははきり)剣とも呼ばれる剣で、「ハハ」は「カゴ(銅)」と同義ということであった。それは、スサノオの剣が銅剣を斬ったということであり、であればスサノオは鉄剣を持つ種族であり、ヤマタノオロチは銅剣を持つ種族であったということになり、鉄が銅に勝ったということになる。
その二は、「八雲立つ」の歌を韓語で解釈した李寧熙の説だが、「八雲立つ」はロマンスの歌ではなく、戦勝の歌だということだ。ヤマタノオロチは
族で、貊族のスサノオに負けたということになる。檀君神話の倭地版といってもいい結果になった。檀君神話は周知のように、熊と虎が、人間になるために我慢比べをするのだが、結局は虎は我慢できずに熊に負けてしまった。

 
は倭に通じ、倭はの国であったのか

その熊が貊族で、その後の韓民族を構成したのだが、虎である
族は行方不明になってしまった。その族が出雲で生きていたということになる。は倭に通じ、倭はの国であったということになる。その族ヤマタノオロチが、出雲で貊族スサノオに敗北してしまったということになり、まさに檀君神話の再現ということになる。
その三は、草薙剣は敗者の剣であり、スサノオがその剣を高天原のアマテラスに献上したということは、出雲を征服したことを報告したことを意味する。その草薙剣が後にニニギ(瓊瓊杵)に授与され、倭地に降臨させたということは、スサノオが征服した地の統治を、ニニギに託したということなる。換言すれば、倭地は新羅(伽耶)の征服地であったということを暗喩する。
ということになれば、その当時の大和朝廷は幻、ということになるのだが、スサノオのヤマタノオロチ退治伝説を深く吟味すれば、倭地こそが韓地の支配地であったということが明白になる。しかし、日本史学界の伝統的思考は、倭地、つまり大和朝廷が韓地を支配していたというあり得ない思考を強弁している。詭弁というほかない。

2023-08-30 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第13回
東海に膨大な石油・ガス埋蔵
疑惑のインド「単独外交」
金永會の万葉集イヤギ 第14回
ソウルを東京に擬える 第30回 マン...
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません