ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-06-18 12:46:25
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2023年08月29日 13:04
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
コンフィデンシャル:国際共助捜査
奇想天外な設定と息をのむアクション

 カナダ・ファンタジア国際映画祭で最高アクション映画賞を受賞し、国内で780万人を超える観客を動員した『コンフィデンシャル/共助』のシリーズ第2弾。同作品は北韓と韓国の刑事が、協力して捜査するという奇想天外な設定に加え、人気スターであるヒョンビンと、演技派俳優のユ・ヘジンがタッグを組んだことで話題を呼んだ。
北韓のエリート捜査員リム・チョルリョン(ヒョンビン)が、ニューヨークに降り立つ。FBIに逮捕された麻薬密売組織のリーダー、チャン・ミョンジュン(チン・ソンギュ)を北に送還するためだ。かつては北の軍人だったが、10億ドルを手に逃亡したミョンジュンは、米国で暗躍していたところをFBI捜査官ジャック(ダニエル・ヘニー)に追い詰められた。だが、ミョンジュンの配下たちが護送車を襲撃、一党は韓国へ潜入する。北韓はチョルリョンを南へ送り込み、「国際共助捜査」を依頼する。
チョルリョンの相棒として、前回の共助捜査でも彼とタッグを組んだベテラン刑事のカン・ジンテ(ユ・ヘジン)が志願する。北は10億ドルの存在を隠し、南は機密情報を探ろうと、互いに騙し合いながら捜査を進め、ミョンジュンの腹心を逮捕するが、そこへFBI捜査官のジャックが現れる。仲間を殺したミョンジュンを米国で裁きたいジャックはチョルリョンと激しく対立するが。ジンテの説得で前代未聞の北×南×FBIのチームを組むことになる。 
キャラクター特有のアクションに、息をのむようなカーチェイスと手に汗握るワイヤーアクションが加わり、笑いとスリルで老若男女誰でも楽しめる作品となった。
監督は『パイレーツ』『ヒマラヤ~地上8000メートルの絆~』などのヒット作を生み出してきたイ・ソクフン。

公開=9月22日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次ロードショー。

手に汗握るアクションが続く©2022 CJ ENM CO., LTD., JK FILM ALL RIGHTS RESERVED

2023-08-30 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第13回
東海に膨大な石油・ガス埋蔵
疑惑のインド「単独外交」
金永會の万葉集イヤギ 第14回
ソウルを東京に擬える 第30回 マン...
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません